黌辞苑

文字サイズ

menu

Message

2022年.済々黌は創立140周年を迎えました。
10年後には150周年を迎えます。
150…キリがいいですね。
私たちは考えました。
140周年というちょっと中途半端な周年記念に何をなすべきか。

せっかくの機会です。
来るべき150周年のすごい情報発信の前に、
ちょっと斜めから私たちのことを見直してみよう。

ざっくばらんに言って、済々黌とは一体なんなのか?

と。

よくある同窓生が集まってやる「内輪が面白い特集」ではなく、
他者の目を入れた「我々は一体何者なのか?」企画。
そうすると、現役の生徒の皆さんや、これから済々黌を受けたいという中学生の皆さん、
その親御さんに見ていただきたいサイトができました。
古くからのすごい歴史は『済々黌百年史』という本にまとまっています。
このサイトには現在と、ここ40年ほどのことをまとめました。
根幹をなす創立者佐々友房先生や建学の精神である「三綱領」についても、今の時点で考えてみました。

つまり、いまの済々黌をあらわす言葉の集大成
(となる150周年のときのグレートなサイトが『黌辞苑』なら、この140周年のサイトは)
『黌辞苑(序)』。
武張った感じで捉えられやすい済々黌を、よりビビッドにご理解いただけます。

140th anniversary special column

田中泰延が出会った
済々黌と三綱領

済々黌を全く知らない田中泰延氏。
知らないからこそ白羽の矢が立ちました。
元電通コピーライターで、大変な取材量や文章の書き手として知られます。

そんな田中さんに熊本へお越しいただき、済々黌、佐々友房ゆかりの西南戦争激戦地・田原坂や吉次峠などをめぐり、いろんな方にお話を伺って、佐々友房と三綱領について考えていただきました。

2022.11.11

済々黌 三綱領をひもとく。
前編 馬上の美少年、佐々友房がたどり着いた地平。

漫画『佐々友房 済々黌ものがたり』樫木ナスカ 三綱領を外から眺めると? いま一度、三綱領をさまざまな角度から眺め、触れ、解読してみたい。それが本記事の趣旨である。ナビゲーターは田中泰延(ひろのぶ)氏。25年間のコピーライ […]

2022.11.11

済々黌 三綱領をひもとく。
後編 令和を生きる、私たちの三綱領。

とにかく、日々が楽しくて! 取材2日目。いよいよ総本山・済々黌高校の黌内に足を踏み入れた。本日のテーマは「令和の三綱領」。今を生きる生徒、教員にとって、三綱領とはどんな意味を持つのだろうか。多士会館をすみずみまで探検し( […]

ナビゲーター

田中 泰延Tanaka Hironobu

ひろのぶと株式会社 代表取締役社長
1969年大阪生まれ。早稲田大学卒業後、
株式会社 電通でコピーライター・CMプランナーとして24年間勤務ののち退職、
2017年から「青年失業家」を名乗り、ライターとして活動を始める。
2019年、初の著書『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)を上梓。
Amazon和書総合ベストセラー1位を記録し、16万部突破のベストセラーとなる。
2021年、著作第二弾となる『会って、話すこと。』(ダイヤモンド社)を刊行。
2020年、「本を書く人が、生活できる社会へ。」を掲げる出版社「ひろのぶと株式会社」を創業。

ライター

井関 麻子Iseki Asako

イセキ文書製作所 代表
1983年熊本生まれ。早稲田大学卒業後、経済誌の記者、ホテル広報を経て2009年に独立。執筆・編集を軸に、広告コピー、文化空間展示、ネーミング、広報サポートなど幅広く携わる。

ナビゲーター

田中 泰延Tanaka Hironobu

1969年大阪生まれ。株式会社 電通でコピーライターとして24年間勤務ののち退職、2017年から「青年失業家」を名乗り、ライターとして活動を始める。2019年6月初の著書『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)を上梓、Amazon和書総合1位を記録し、現在16万部突破。

ライター

井関 麻子Iseki Asako

イセキ文書製作所 代表
1983年熊本生まれ。早稲田大学卒業後、経済誌の記者、ホテル広報を経て2009年に独立。執筆・編集を軸に、広告コピー、文化空間展示、ネーミング、広報サポートなど幅広く携わる。

Seisei Library

三綱領を解き明かす

  • 進文明
  • 磨知識
  • 振元気
  • 重廉恥
  • 明大義
  • 正倫理

三綱領の解釈総まとめ
三綱領に込められた意味とは?

済々黌の校訓となっている三綱領。
皆さんは、どのように解釈していますか?
「文武両道」や「道徳心」と答える人が多いのではないでしょうか。
実は、三綱領にはこれからの時代にも提案性のある意味が込められているのです。
ここでは、過去先生たちが解釈してきた意味をまとめました。

Column by graduate

済々黌卒業生による
三本のコラム

140周年を記念し、済々黌の卒業生にこれまでとこれからの済々黌についてコラムを執筆していただきました。
済々黌卒業生もそうでない人も、懐かしさや新しい発見があるのではないでしょうか。